サーキットの醍醐味ドリフト

せっかくサーキットで走るんだからドリフト走行をしてみましょう!サーキットによってはドリフト禁止の場所もあるので事前に確認しておきましょう。筆者は白老カーランドをよく利用しております。主にショートコースを使って開催されます。

ドリフト走行の利点

ドリフト状態の車両は、タイヤのグリップが極端に低下した状態となっているため、進行方向とヨー(車体を真上から見たときの回転)の関係が小さくなっている。
そのため、旋回状態における車体が路面に描く軌跡とはある程度無関係に車体の向きを変えることが可能となる。
とくにダートや積雪路は路面とタイヤとの摩擦係数が小さく、ステアリング操作に頼って車体の向きを変化させるには極度にスピードを落とす必要がある。
当然、スピードを落とすためには、エンジンの回転数を下げる必要があるが、一般に自動車競技の場合、エンジンの規格が制限された中で高出力を実現するために、
パワーバンドやトルクバンドが狭くなっている。このため、エンジンの回転数を下げると、再加速が鈍くなってしまう。

そのため、ラリーなどの競技ではそれを嫌って、あえて車体をスライド状態に持ち込み、エンジンの回転数を維持したまま車体の向きを変えるという操作を行う。
この場合、車体の向きは、現時点で走行中の軌跡よりある程度先の予想経路に合わせてあらかじめ変えておく、といった操作を行うことになる。
ドリフトさせることにより、車体の向きを早く脱出方向に向け、アクセルを早く踏むことができ、脱出速度を速くすることができる。
ステアリングのみに頼らず、アクセルとブレーキの積極的な使用により、スライド状態を維持したまま進行方向を調整するという複合的な操作が求められる特殊な技術である。
また、ラリー、ダートトライアルにおいてブラインドコーナーをクリアする際に視界をグリップ走行時よりも広く確保できる点においても有効である。

特にラリー競技の場合、ブラインドコーナーの先に障害物がある可能性もあるが、ブレーキだけでは回避できない場合も多い。
しかしドリフト走行であれば、意図的にドリフトの度合いを増して車両をスピンさせ、障害物を回避することも可能になる。

またクルマの動きが派手で、舗装路であれば大きなスキール音が出るため、派手で目立てるというのも利点といえる。
これによりクルマやバイクを意のままに操っているということを、他者にも明確に理解させやすい面がある。

ドリフト走行の欠点

ドリフト走行は見た目が派手だが、スリップによる摩擦のため車体の運動エネルギーが削がれ、
ブレーキをかけていないにもかかわらず、速度がドリフト走行開始前に比べ、やや落ちるのが欠点である。
舗装路であれば、駆動力が進行方向とは違う方向に消費されてしまうため、速く走ることに結びつかない場合も多い。
ドリフト、グリップ走行の優越は路面状況、コーナー前後のコース形状、コーナー角度、自動車の設計及びセッティング、
エンジン出力特性など、実に多種多様な要素に影響されるため一概に纏めて説明することはできない。

1960年代以前はタイヤやブレーキの性能が低かったため、舗装路でのレースでもドリフト走行が主流だったが、現在では速度を競うレースにおいては派手なドリフト走行は行われないのが普通である。
また、サーキットによっては、コースの劣化を嫌い、ドリフト走行を明確に禁止している場合もある。

ドリフト走行を行うと車体に大きな負担が掛かり、多用すればタイヤを始め各部の消耗が早くなる。
タイヤの損耗が激しい事からバーストの原因になることも多い。
路面にタイヤ痕が付くため、アスファルトや白線等を傷めつけることになる。
ちなみに日本国内では白線にタイヤ痕をつけると器物損壊罪となる。


PICK UP!

    Copyright(c) H-SCL.JP Allrights reserved.